「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
INX.Label
企業
加来 匠
INX.Label 代表
デザイナー
福本 順之
有限会社イマージョン
ブランドや製品の根底に流れる「私の意思と思想」をビジュアルに変換出来るかけがえの無い存在

当社が開発するフィッシンググッズ等のパッケージデザインはもとより、ポスター、リーフレット、WEB画像などの宣材、さらにはイベントやコンベンションなどで使用する販促関連の全てをご依頼しています。
そもそも私たちの仕事は人気商売の側面が大きく、また代表である私自身が「アングラー」として広告塔の柱となっております。その私が作り出す「釣り道具」と「インクスレーベル」というブランドが醸し出す雰囲気とコンセプトを的確に理解して頂けていることが何より心強い。

今後も私が製品に込めた魂の姿を嗅ぎ取り、その魅力を増幅させる知的で美しくインパクトあるビジュアルに大いなる期待を寄せています。

加来さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

まず製品の個性を伝えます。釣具には必ずそれぞれのキャラクターがあります。
カッコいい。可愛い。頼もしい。いかつい。懐かしい。丈夫。軽快。強いなど。
これらの個性を、一貫して流れるブランドカラーに融合させたイメージをミーティングでお伝えしています。

なぜデザイナー(福本さん)に依頼しようと思われましたか?

最初に社内他部署で担当しているペット関連商材のビジュアル(ボトルラベル)とポスターを依頼したのですが、その時に提示して頂いたデザインが過去のどなたのデザインよりも私の感性にグッときました。以来、新部署のフィッシングギアの方も全てお任せすることにしました。

どのようにデザイナー(福本さん)と知り合いましたか?

ほぼ偶然です。Twitterで自然に繋がり、プロフィールがチョット気になったのでリンクを辿ってデザイナーさんである事を知り、HP上の作品例を見てこちらから電話したのが始まりです。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

思想をカタチに変換してくれる存在。
美と知と愛と楽を、文字や言葉よりも瞬時に伝えられる「絵面」で表現出来るプロフェッショナル。

福本 順之
有限会社イマージョン