「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
長坂養蜂場 広報アイテム
企業
長坂 善人
株式会社長坂養蜂場 代表取締役社長 
デザイナー
久米 ゆき
ART management snö
経営者もスタッフもデザイナーもみんなで楽しく話しながら形にしていく

長坂養蜂場のオリジナルキャラクター「ぶんぶん」のマステ、LINEスタンプ、トートバッグに始まり、週末には1日1000本以上売れる大人気はちみつソフトクリームのパッケージデザインやソフトクリーム小屋のデザイン、さらにはオリジナルの絵本「ぶんぶんぶん」、オリジナルソング「ぶんぶんはちみつのうた」のイラスト動画などを制作いただきました。どれも難易度の高い、初めての取り組みばかりでしたので、こちらの想いやアイデアを形にするプロセス(社内ミーティング)にも参加いただき、よりみんなの想いを汲み取ってくれながら、ステキなカタチにしていってくれました。

長坂さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

自分の想いを会って伝えるのはもちろんですが、スタッフにも会ってもらい色々な立場の人(社長はじめ働くスタッフ、女性、子育てママなど)の想いを感じてもらい、その中からインスピレーションを受けてもらおうと思っております。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

モノの価値や、会社の想いや願いを、より多くの人により共感して届けたいからです。デザインが持つチカラはすごいです。想いをカタチにできるデザイナーさんを心から尊敬しますし、理念やミッションを実現していくためにもなくてはならない存在だと思います。

どのようにデザイナー(久米さん)と知り合いましたか?

2014年にデザイナーを探した所、2015年の元旦、初夢にデザイナーさんが入社する夢を見ました。その話しを初詣に行くときに家族に話したら、ゆきさんという広島から来たデザイナーさんが三ヶ日にいるよという話しを姉から聞き、紹介してもらったのがきっかけです。神様のお告げのような初夢のご縁が今の繋がりになっていきました(笑)。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

ゆきさんが特にそうですが、打ち合わせの際、こちらの想いやアイディアにワクワク共感してくれ、話しているとさらなるアイディアや想いがどんどん湧き出てきます。単にデザインを創ってくれる存在でなく、共に会社の理念やミッション、ビジョンをカタチにしていってくれるとても大切な存在だと感じています。

久米 ゆき
ART management snö