「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
ダイトベースボール
企業
都留 真弘
大都化成工業株式会社 代表取締役
デザイナー
嵐川 真次
Storm Graphics
驚くほど幅広い市場調査を元にした提案

商標登録できるコーポレートマークの作製を依頼した。スポーツ業界、特に野球用具メーカーとしてのブランド力向上の為に、同業他社とは違った方向性のデザインを要望した。また、マークだけでなく、名刺、カタログ表紙、帳票類、封筒、梱包材をトータルコーディネートしてもらった。同時に主力製品のマーキングも依頼し、一貫したデザインで統一することが出来た。

都留さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

当社の成り立ち、過去、現在の姿をありのまま伝えることが重要だと感じた。長所だけでなく弱点も隠すことなく共有することを意識した。会社として、現状の課題と今後どうなりたいかをより具体的に説明した。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

デザイナーは様々な業種のクライアントと仕事をしているので、デザインする上でのアプローチの引き出しが多いと思っていた。プロフェッショナルとして、なぜこのデザインになったのかを明確に説明できるのがデザイナーだと思ったから。

どのようにデザイナー(嵐川さん)と知り合いましたか?

お世話になっている地元経営者の先輩が、デザイン協会に所属しておられたので、CIに対する当社の考えをご相談し、その方に推薦していただいたデザイナーが嵐川さんでした。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

会社が描く未来像・理想像を形で表現してくれるパートナーだと思います。

嵐川 真次
Storm Graphics