「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
企業
熊高 順八
川根柚子協同組合 企画/営業 部長
デザイナー
谷川 ツトム
株式会社アズライフ
豊富な知識と感性。魅力ある商品にする為のご提案をしていただける力量。

川根柚子協同組合では、安芸高田市高宮町にて農薬不使用の柚子を栽培し、加工、販売しています。「幸せ色のゆず。」は川根柚子のフラッグシップ商品にしたいと考え、柚子を主役とした商品を作りたい。農薬不使用の柚子を最大限に生かした商品を作りたい。この思いからデザイナーに制作を依頼しました。
デザイナーと開発チームのスタッフともにあらゆる試作をくりかえし、商品を完成させました。商品の味、色、すべてから幸せ感いっぱいになり、みなさんと一緒に幸せを感じていただきたいと願いネーミングは「幸せ色のゆず。」と決めました。

熊高さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

田舎の季節、独特の時間の流れ、木々や清流の美しさに恵まれた環境に住まう私たち。それが日常的なことで、つい見逃してしまう魅力を再確認するため川根地域に足を運んでいただき、季節や地域の雰囲気まで見てまわられました。谷川社長は里山に生活されている人々のやさしさ、おもいやり、人のぬくもりまで伝わってきたと言っておられましたので思いは伝わったと感じました。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

平成24年組合登記をする際に、「滋味」をキーワードにデザインして下さったことがはじまりです。巷ではテンプレートで済ませる場合も多く見受けられますが、商品力・企業ブランド・話題性を高めるため、「商品と組合と地域それぞれがストーリーの主役」になり客観的に見えるように素案から完成すべてのプロセスを共有していただきたいとお願いしました。

どのようにデザイナー(谷川さん)と知り合いましたか?

私が幼少期から「川根地域」「高宮町」のデザインを谷川社長がされておられました。
「ほたるまつり」「神楽」「町づくり」等々、沢山のものことにも関与され地域と商品の関係性を熟知されているので、ひと言伝えるとあらゆる方向から無限にアイデアが生まれてくることが魅力的です。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

デザインは谷川社長というイメージしかありません。厳しくも優しい父親のような存在です。商品、企画、制作デザインはもちろんですが、テイスティングからマーケティング、企業や人。あらゆる分野で今では少なくなったといわれる「本物」を教えていただく存在です。

谷川 ツトム
株式会社アズライフ