「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

楠本 哲史
西条楠本 代表
自社製品を次のステップへ

西条楠本は、酒処東広島市の名産の酒粕と湧水を使い、苛性ソーダ未使用の手づくり石けんです。久保さんには石けんの名前、石けんを包むパッケージ、名刺、フライヤー、ポスター等の作成全てをお願いしました。流行りすたりの無いデザインにしてほしいとお願いしました。

楠本さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

デザイナーの人とたくさん話をすることだと思います。何気ない会話をしていてもそこから、私のバックボーンを探してくれたり、商品のデザインの元になる材料を見つけてくれたりします。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

商品の名前やパッケージはとても重要です。だから、デザイナーの方にお願いして、商品の魅力を充分に引き出したかったのです。

どのようにデザイナー(久保さん)と知り合いましたか?

共通の友達を介して知り合いました。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

最初は、どういう職業か全然わからなかったのですが、久保さんと知り合ってからは、デザイナーは私にとって総合プロデューサーみたいな存在です。小さな事でも相談して自分の道が正しいかどうか確認できるし、商品のコンセプトを思い出させてくれたりもします。