「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

細部まで凛とした
グラフィックと
ウェブサイト
事例 広島大学TA
広島大学
教育機関
有限会社SOLALA
ウェブデザイン

INTERVIEW

パンフレットを作りたい、が最初

広島大学ではじまった、新しいティーチングアシスタント制度。その中心となって動かれている佐藤先生が、お知り会いの方からソララについて聞かれていて、お声掛けいただいたのが最初です。
まず広大に行って、この制度について説明していただきました。既存の制度を見直し、新しくスタートするTA制度の複雑な内容を分かりやすく伝えていきたい、「HIRODAI TA」という名称もつけたいということをお聞きしました。
最初は「パンフレットを作りたいけど、できますか」というご相談でした。その後話していくうちに、パンフレットを作っても、手配りした範囲だったり、目にする範囲でしか知られないので、制度を作ったことをより広く認知していただくためには、ウェブサイトは必要でしょう、ということを提案させていただきました。
また、制度のプレゼンテーションの場やその他のツールにも利用しやすく、ひとめで「HIRODAI TA」と分かるマークも欲しいというご要望があり、オリジナルのロゴタイプを用いたシンボルマークを提案させていただきました。

ヒアリングを重ねて想いを理解する

佐藤先生とお話をしていく中で、これから始まるTAの制度についてたくさんの想いを伺いました。
新しいTAの制度は、先生とTAが一緒になって指導していくので、教え方も変わってくるということ。TAをただお手伝いをしてくれるスタッフとしてではなく、先生たちの仲間としてとらえ、教育の場を共に盛り上げていきたいという想い。TA制度を通じて教育の質を上げていきたいということなどを、どうやってうまく伝えていくか、先生と相談しながら進めていきました。

親しみの湧くイラストで表現

最初はイラストを入れたいという話はなかったのですが、いろんな事例を説明していく時に、オリジナリティが出て、親しみも湧くと思ったので、イラストをいれたバージョンをご提案しました。写真で構成したバーションも作って比較してもらった結果、イラストでいくことになりました。
制作の流れとしては、まずはリーフレットから進め、こちらがある程度固まった段階で、ウェブの方に展開していきましたね。
「HIRODAI TA サポートデスク」という制度の運営や窓口を担当するみなさまが、運営しやすくして欲しいというご要望もありました。それでホームページを作った後に、更新システムを入れることで、ログインすれば簡単に更新していただきやすい仕様にしました。

地道に伝えていくことが大事

完成したツールを先生は気に入ってくださっているようです。これからは、これらのツールを使いつつ、制度のことを地道に伝えていくことが一番大事ですとおっしゃられています。
サイトを見る人は学生さんや先生方が中心だと思いますが、まだTAの活動をご存じない方にも伝えていき、制度として理解をしてもらえるようお手伝いできればと思っています。
パッと目に入って印象に残るデザインになっているので、色んな方の心に残ってTAという制度自体が一般的になればいいなと思います。

毎回フルオーダーメイドで作る

うちは2000年に設立して今年で17年目になります。ウェブだけではなく、パンフレットなどの紙のツールとトータルでやらせてもらえる所がうちの会社の特徴ですね。心がけていることは、お客様に合わせてフルオーダーメイドで作ることです。基本的には写真や素材なども借り物は使いません。テンプレートと呼ばれるものや、他の会社で作ったものを使って色を変えたり画像を変えたりということもせず、お客様に合った形のデザインをきちんと作っています。スタートが借り物だと、いくら丁寧に作ってもそぐわない感じになっていくので、そこはすごく気をつけて取り組んでいます。
最初にご相談いただく内容を深く話していくと、本当に必要になっているけど気づいていない部分っていうのが毎回あるんです。そこは、気をつけて、できるだけ話していく中で、本当はこれをやりたいんだけど想像できていないところを見つけて、提案できるように心がけています。

デザインを通じて社会貢献したい

今後は単に作るというところ以外でのご提案だったり、より直接我々がいろんなものをプロデュースして、一般の方を相手にするようなプロジェクトが増えていくだろうと思います。自分達から情報なり、モノなりを発信するっていう方向がより強くなっていくかなと思っていますね。
我々ができることの中で、デザインを通じて企業さんがより元気になったり、PRすることを手助けして社会貢献につながれば、とてもうれしいです。

予算も先ずは相談していただければ

企業さんが最終的に気になる部分は予算だと思いますが、そこもご相談いただいて無理ない範囲というか、その中で今できることはどこでしょうという相談だったり、将来的にここまでやったほうがいいですよ、といったお話はできますので、先ずは相談していただきたいと思います。
広報するための方法だったり、手段だったりというのは、制作会社でないとわからないこともあると思いますので、そういった内容はこちらからご提案させて頂きます。

有限会社ソララ

広島市を拠点に広告デザインやWebサイトのデザインを主な業務としている会社です。

広島市中区猫屋町4-13 1F
TEL
082-297-5660
082-297-5660
FAX
082-297-5670
WEB
http://www.solala.co.jp/
従業員数
3名
創業
2000年
齋藤 彩佳
デザイナー
井上 秀記
ディレクター

有限会社ソララのその他のお仕事

ひろしま国際平和マラソン
Webサイト・ポスター
SESAME
楽天サイト
シルケルモーテ
グラフィックツール
サポート窓口へ ※相談は無料です。