「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
穴吹情報デザイン専門学校 学生作品集
企業
前原 輝彰
学校法人穴吹学園 福山校 広報部 課長 
デザイナー
永戸 修司
Brand Planting Studio kirin
新たな切り口を求め、インハウスから外部デザイナーへ

入学を希望・検討している方へ配布する、当校(穴吹情報デザイン専門学校)デザイン系学科学生が制作した修了・卒業制作をまとめた作品集の制作を依頼しました。今まではインハウスで制作をしていましたが、インハウス故に通例や慣例にとらわれやすいのも事実。そこで新しい切り口を求め、作品集自体にレアリティを持たせ「思わず手にとりたくなるような、冊子を開く前からワクワク・ドキドキするような」作品にしてくださいという事だけ伝えて、仕様は予算内でおまかせにしました。

前原さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

完成した作品がどこでどう使用されるのか、現状の作品からどう変えてもらいたいのかを伝えたあとは、いただいた提案に対してできることとできないことをはっきり言いました。予算も含めて。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

デザイナーの「卵」たちに、「デザインとは素晴らしい仕事である」ということを伝えるには、第一線で活躍するデザイナーに依頼するのが一番だと思ったからです。

どのようにデザイナー(永戸さん)と知り合いましたか?

姉妹校に、穴吹デザイン専門学校(広島市内)があり、そこで永戸さんが手がけた作品の成功事例があったからです。なにより同校の卒業生というのも依頼の決め手となりました。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

デザインされたモノの「見た目」とそこに込められた意味「中身」の関係性を明確にし、クライアントが抱える問題を解決してくれる魔法使いのような存在。特に永戸さんは仕事に対しての妥協が一切ありませんでした。

永戸 修司
Brand Planting Studio kirin