「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
企業
眞鍋 寿男
株式会社ジャパンブルー 代表取締役社長
デザイナー
吉益 直見
有限会社ピーアール・デザイン・インク
世代を超えて使い続けられる藍染を、新しい層へと導いてくれる

「桃太郎ジーンズ」から自社ブランドを始動した㈱ジャパンブルーのルーツは藍染にあります。私自身、藍に魅せられ日本の青を追求した藍染作家でもあります。この度は言わば、本藍製品をプロデュースしてくれる「桜ハンドル」と出会い、世代を超えて永く愛用してもらえるようシンプルで、かつ経年変化を楽しめる質感がでればいいね、と話しました。本藍テキスタイルと桜ウッド、同コンセプトで手づくり感溢れる製品になっています。

眞鍋さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

コラボ企画というのは、互いに想いを汲み取るところからスタートするのではないでしょうか?ですから、思いをあえて伝えるなどの過程はありません。価値を共有できなければ、企画自体が成立していないでしょう。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

藍染めの魅力を新たなカタチで広く消費者に提案できるツールのような商品を開発されたということ、また日本文化が宿る「桜の木」から発想されるイマジネーションに共鳴したというのもありました。

どのようにデザイナー(吉益さん)と知り合いましたか?

特許を取ったデザインの製品化にあたりデニム地を使いたい、ぜひ協力してほしいと、弁理士さんと一緒に来社されました。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

独自のセンスで世界観を切り拓いてくれる、ナビゲーターのような存在です。

吉益 直見
有限会社ピーアール・デザイン・インク