「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
柳井ブランド
企業
宮田 芳成
柳井市役所 主査
デザイナー
アリタヒロミ
NIKUJAGA
伝える専門家としてのデザイナーと、共に作り上げていく

柳井ブランドパンフレットの作成にあたり、取材、紹介文の作成、デザインを依頼しました。読んで飽きないもの、そして商品の価値を十分に伝えられるパンフレットにしたいとの考えから、背景や作り手の想いに焦点を当てて商品に深みを持たせ、また伝統や文化の重みが感じられる写真、構成とすることを要望しました。

宮田さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

初期の打ち合わせ、要望等については前任が行っていましたので、デザイナーのアイデアが生きるようイメージを共有しながら調整を行うことを心掛けました。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

これまでも本事業のパンフレット作成に関わっていただいていたことと、今回のテーマ達成には、全体的な統一性を保ちながらも、画一的な紹介を避けて各事業者の特徴を捉えた文、写真、構成を選ぶ必要があり、専門性が必要であると判断したためです。

どのようにデザイナー(アリタさん)と知り合いましたか?

これまでもパンフレットの作成等を依頼するなど、本事業に深くかかわっていただいています。個人としては前任からの引き継ぎにより、お会いしました。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

イメージを具現化していただける存在です。
わたしはテーマやイメージが決定した後で事業を引き継ぎましたので、これを基にした各ブランドの事業者への取材から製作までを担当しました。各事業者や商品の売りを見極め、限られた枠の中で表現していく感性と手法、技術はたいへん勉強になりましたし、高度な専門性を必要とする分野であると感じました。

アリタヒロミ
NIKUJAGA