「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
縄文あいすパッケージ
企業
常冨 紘子
社会福祉法人ひとは福祉会
デザイナー
ウエダサユリ
umima舎
つくりたいイメージの雰囲気を纏ったデザイナーさんに出会えて

縄文あいす「ひとは館」は、社会福祉法人ひとは福祉会ひとは工房が運営しているカフェです。自家農園で栽培した安芸高田市特産の古代米を使用した「縄文」や、地元酒造の大吟醸を使用した「神の蔵」など、味と素材にこだわったジェラートを施設の利用者のみなさんと一緒に作って販売しています。
利用者が書いた「縄文あいす」の字を生かして、シンプルでかつ縄文あいすの顔となるデザインとなるよう、話し合いを重ねて完成しました。

常冨さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

初めは漠然としたイメージだったが、それを伝えると形にしてくれました。何度も連絡を取り合い、時には遠方なのに自ら足を運んでくれ、微調整を重ねていきました。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

ひとは館オープン当時の担当者が、たまたまウエダさんが経営する雑貨屋に行ったときに、独時な感性をもち、おもしろいお店だと感じていたそうです。商品を作るうえで味ももちろんですが、その商品の顔となるパッケージも重要と考え、納得できるものにするためにどうしたらよいか考えたときにウエダさんが思い浮かび、依頼しました。

どのようにデザイナー(ウエダさん)と知り合いましたか?

ひとは館オープン当時の担当者が、たまたま行った雑貨店が最初の出会いです。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

シンプルかつ独特な感性を持っているデザイナーさんです。無理難題も心を込めて丁寧に対応してくれ、ウエダさんの人の温かさがデザインにも表れていると思います。また、依頼したこと以外にもいろいろな提案をしてくれ、相談にも乗ってくれる、とても頼もしいお姉さんみたいな存在です。

ウエダサユリ
umima舎