「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口


世界のどこにもない
蚤の市のためのチラシ
事例 トランクマーケット
T.T.M企画室
蚤の市
IC4DESIGN
グラフィックデザイン

INTERVIEW

街の賑わいを作る、新しいイベント

トランクマーケットは、ヨーロッパの蚤の市のような感じで街の人が来て、気軽に食事とか買い物とか楽しめるようなイベントです。袋町公園という場所でイベントをすることで、街に賑わいを生み出せたらというようなコンセプトで始まっています。このイベントの企画や運営の中心人物の1人で、自身も袋町にお店を持たれているT.T.M企画室の中本さんと弊社の社長の神垣が友人同士だったので、ポスターとロゴの作成の依頼を受けました。それ以来、ずっと続いています。今回で8回目になりますね。

他にはない、ハイエンドな蚤の市

他にはないイベントをということで、誰でもが出店できるわけではなくて、T.T.M企画室の方で出店者をつのって、ある程度ハードルを上げられています。出店条件もあるのですが、東京にしかない店がその日だけ出店するとか、当日だけのコラボ商品を扱った店や全国区のメーカーの直営店など、普段蚤の市では見る事がないようなお店が出店しています。T.T.M企画室の中本さんがとても顔の広い方なので、有名どころを彼の力で引っ張ってきているところもあります。
そのような運営方針なので、このトランクマーケットにこられる方は情報に敏感で、とてもおしゃれな方が多く来られていて、いつも賑わっているイベントですね。

トランクマーケットというブランディング

デザインを依頼された時、中本さんは「それぞれが自慢の品を持ち寄った、世界のどこにもない蚤の市」という明確なコンセプトを持たれていました。回を重ねるにつれてIC4のアレンジも加わっていって、その後はこちらにデザインのイメージは任せていただいています。
トランクマーケットというネーミングは、こちらに依頼があった時にはすでに決まっていました。色々なお店の人がトランクに商品を詰め込んできて、そこでトランクを開けてお店を出すというイメージでこのマーケット名を決められたと聞いていたので、トランクケージのようなポスターにしました。第1回目は、トランクマーケットを知っている人がいないので、ここにこんなおもしろいお店、こんなすごい店が来るというところを見せるために、チラシやポスターにはショップ名を大きく出してアピールしました。今はもうトランクマーケットが定着してきたので、出店者名を入れていません。その代わりQRコードが非常に目立つようにしてあって、フェイスブックを見てもらえれば詳細が分かるようになっています。

イベントのコンセプトに芯が通っているからできる事

その都度今が旬だと思うようなグラフィックをチラシの中に入れて、手書きのトラッドな感じをトランクマーケットのテイストにしています。チラシやポスターに使っている紙は包装紙を使って印刷しているんです。きれいなポスターではなく、わざとちょっとくしゃっとしたテイストにする事で、オシャレな感じを出しています。印刷のエイジングですね。
こういった紙をわざと使うことも、コンセプトとして芯が通っていたらいいと思います。今回の場合は、トランクマーケットというオシャレなイベントに合うような物であることが必要です。出店されるお店をはじめ、多くの場所に貼ってもらえるよう、軽くて手触りのある包装紙の質感と、それに合う貼りたくなるようなデザインを心がけています。中途半端にクオリティーをキープして普通の紙に印刷するより、思い切ってインクが滲んでしまうようなものを作ったほうが実際に手にとって見た時に伝わる雰囲気がぐっと上がるのではないかと思います。しかも包装紙だとコストをおさえる事もできます。今のところ第1回から8回まで毎回包装紙でやっていますね。

時代に合わせて変化するロゴデザイン

企業ロゴなどは一度決めてしまうとなかなか変えることはできませんが、敏感な人達をターゲットにしている経緯もあるので、このマーケットもどんどんアップデートされており、ロゴも、少しずつアップデートされてもいいかなと思っています。デザインもその時々で旬なものやオリジナリティを取り入れるなど、マーケットのクオリティに負けないようがんばって制作しています。
ちなみに、うちの会社のロゴもしょっちゅう変わるんです。デザイン会社なので、ロゴを決める必要はないと社長は言います。デザインの流行というのも、その時その時であるので、それにあわせていっていますね。

強みはイラストとデザインの連携

IC4は世間的にイラストの会社と思われていますが、他のデザイン事務所と違う強みといえば、イラストとデザインがミックスしているところだと思います。普通だったらデザイナーがイラストを描くって時間もかかるし、センスと根気のいる仕事なのですが、イラストレーターが社内に別部門でいるので、連携して制作をしています。
仕事をうける時に大切にしてることは、どういう人をターゲットにしているかということです。うちが入ってデザイン部分を協力したことで、ターゲットとしたお客さんが沢山来たよって言われることが一番嬉しいです。
デザインの相談に来られるのは、アイデアの段階でも、商品ができてしまっている段階でもどういう段階でもOKですが、商品開発の段階から参加できる仕事が楽しいし、自分達も愛着がわくんですよね。予算に応じてできることを一生懸命していきたいと思っています。

有限会社IC4DESIGN

会社のモットーは、楽しく・明るく・元気よく。イラストやデザインを通して、お客さまにも楽しい気持ちになっていただけたらと、日々制作に励んでいます。

広島市中区小町1-5高山ビル3F
TEL
082-243-1999
082-243-1999
WEB
http://www.ic4design.com
従業員数
4名
杉 葉子
グラフィックデザイナー
今村 ありさ
グラフィックデザイナー

有限会社IC4DESIGNのその他のお仕事

トレーニングスタジオ THE BULLPEN
ブランディング・デザイン
TIPS マスキングテープ
文具の企画・デザイン
マジカルジャミー
パッケージデザイン
サポート窓口へ ※相談は無料です。