「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口


パッケージで高級感と華やかさを表現
事例 みかげ山手ロール
有限会社ボック
菓子製造及販売
株式会社デザインビズ
グラフィックデザイン

INTERVIEW

小さな案件から、徐々に継続的なお仕事へ

当時、ボックのコンサルタントをしていた方が広島の方で、その方を通じて私にデザインをやってほしいという依頼があったのがきっかけでした。最初は小さなDMハガキのデザインからスタートして、季節ごとに仕事の依頼をいただきました。1年位たってから、新商品のプロモーションポスターの依頼を受け、その商品の売上げが好調だったこともあり、次に一部の店舗用のパッケージデザインをさせていただきました。その後、販売商品のパンフレットの依頼もあり、そこからは、ほとんどの広告販促物のお仕事をさせていただく関係になりました。

新商品のミッションは、高級感をだすこと

そのような良い流れで、別ブランド店の「みかげ山手ロール」のパッケージのお仕事依頼をいただきました。名前の由来は、神戸の高級住宅街の地名、「御影山手」、そして、ホールケーキではなく、ロールケーキ専門店であるということからです。このみかげ山手ロールのお店の外観は黒、パッケージも真っ黒だったので、お客さまから暗く地味な感じでマイナスイメージが強い、という評価を受けていたそうです。
そういう背景もあり、依頼内容は、既存の黒をベースに高級感を持たせてほしいというものでした。そこで、華やかさを出すためにゴールドを使うように、また、べたっとした黒いイメージを変えるために、黒に薄いニスで格子状に見える市松模様を取り入れ、高級感を演出しています。コスト上お金がかけられないところは印刷で同じ表現に見える工夫をして、全アイテムで統一感を持たせています。

デザイン決定の流れ

ボックサン(店名)は、百貨店にも出店する規模の大きな老舗の洋菓子店ですので、経営者の方とのやり取りではなく、担当者の方とのやり取りがメインでした。その担当の方に臨機応変に対応していただいたおかげで、デザインが決定するまでのプロセスもスムーズでした。人は1つだけ見せられても、それが良いか悪いか判断がしにくいので、しっかり選んでもらえるように複数選択肢を準備していきます。どういうテイストが好きかを選んでもらった上で、一気に完成度を上げていく方法をとりました。

デザインよりも先に、コンセプトを優先させる

どの仕事もそうなのですが、私が心がけていることの一つに、「デザインよりも先にコンセプトを優先させる」という考え方があります。例えば、私が提案したデザインは、人によって好き嫌いが出てきます。デザインの好みは千差万別、人それぞれなので、個人の感覚で判断されるのですが、そうしてしまうとなかなか前に進みません。
コンセプトというのは、ターゲットはこういう人で、目的やベネフィットはどうで、こんなウォンツに応えており、売り方や価格帯はこのくらい、こんな思いを伝えたい、といったことを明確にするということ。このコンセプトの部分はものすごく綿密に決めていきます。そうすると、デザインを見たときに、好みありきではなく、コンセプトにあっているかどうかで判断ができるようになります。
例えば、みかげ山手ロールは高級住宅街のあるエリアに出店しているので、どちらかと言えばお金に余裕のあるお客さまがいらっしゃいます。そこでは高級感を感じるかということも大切になるので、デザインがコンセプトにあっているか、高級感を感じるかどうかで判断をしましょうとお願いしています。合っていればこのまま進めますし、合っていなければ修正という感じで前に進めていきます。

税理士と一緒にデザイン会社をやる理由

私たちの特長は、税理会計とデザインを合わせてやっていることです。業種は飲食小売店さんがメインで、新たに開業される方や経営に困っているお客さまが多いです。お店の税務会計を顧問として見させてもらっており、お店の売り上げを考えた一種のコンサル的なアドバイスに加えて、サービス接客やメニューの改善と同時に、チラシやポスター、看板などの販促ツールが必要となる場合があります。
実際にそこで発生するデザインのお仕事を私の方で請け負っています。パートナーの税理士と自分の二人で1つのお店を見ている感じですね。このようなスタイルをとっているのは、広島でもおそらく私たちだけだと思います。

お客さまを「感動」させられる仕事

私は現場のクリエイターとしては珍しく、スーツを着て、ネクタイを締めたりもします。税理士と共に顧問的な感じで仕事をしているということもありますが、きちんとしたお仕事を受けるにはきちんとした格好をした方が良いと思っているからです。
そういう面でも、私はクリエイターと言われるデザイナーというより、経営者側のデザイナーだと思います。弊社の企業理念は「感動クリエイティブ」なので、仕事の良し悪しの基準は「感動」していただいたかどうか。そのため、サービスやデザインなどすべてにおいて、お客さまへ感動が伝わらなければ、私たちは仕事をしたことにならないと思っています。

ありがとう、と言ってもらえるデザイン

お客さまがデザインを発注する本来の目的は、商品が売れることであったり、集客やブランド力がアップすることだと思うんです。自分も若い頃は、デザインの賞なんかをとって「すごいね!」と言われたかったのですが、今は「ありがとう」と言ってもらえるデザインがしたいですね。
お客さまは私のデザインが欲しいのではなくて、お客さまの求める成果がきちんと出せるデザインが欲しいのです。今後も結果を出すことにこだわって、お客さまのお手伝いができたらと思っています。

福原 敏晃
有限会社ボック 代表取締役社長
株式会社デザインビズ

コンセプトに沿ったデザイン制作から売上や集客アップのための販促コンサルティングまで、デザイナーと税理士がコラボレーションした飲食小売に特化した広告制作会社です。

広島市中区八丁堀4-24キュラーズ女学院前5F
TEL
082-962-6246
082-962-6246
FAX
082-962-6247
WEB
http://www.designbiz.co.jp
従業員数
5名
創業
2012年
柏原 秀昭
クリエイティブディレクター

株式会社デザインビズのその他のお仕事

Grandeひろしま
エディトリアルデザイン
広告販促セミナー
セミナー講師
飲食店
創業支援
サポート窓口へ ※相談は無料です。