「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
黄金瓶詰シリーズ
企業
井上 明
合同会社よーそろ 代表執行役員
デザイナー
小林 隆暁
アクシス
様々な視点から視野を広げてくれる存在

何十種類もの品種をつくっているという柑橘の島であり、 それらを味わえるかき氷のシロップをつくり、かき氷を店舗で提供していた。お客様の要望もあり、加工場を整備し、商品として販売することを決めた。デザイナーとは様々な柑橘でつくるシロップはシリーズとして展開していこうと話をし、明治時代から続く柑橘の歴史と土地の風景が伝わるような商品にしたいとシリーズ名とラベルデザインを要望した。

井上さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

商品のコンセプトや思いを伝え、このようなイメージだと幾つかのすでにあるデザインやプロダクトなどを見せ、デザインイメージと方向性を共有することが大切だと思っている。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

言葉を形に落とし込む作業のスピードと、デザイナーの豊富な知識と感性が加わることにより想像を超えるものが出来上がるから。また自分の当初のイメージや思いがより磨かれるため。

どのようにデザイナー(小林さん)と知り合いましたか?

NPOが主催するデザインセミナーで。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

自分の考えをシンプルにしてくれる存在。また、様々な視点から視野を広げてくれる存在。

小林 隆暁
アクシス