「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
ボタニカルふりカキ
企業
立木 仁
丸栄株式会社 取締役
デザイナー
野﨑 俊佑
NOZa-maru
不可能を可能に変える存在

弊社は牡蠣殻を原料とした「飼料」「肥料」を製造しております。創業から現在まで畜産や農業分野に従事しております。おかげさまで、日本全国の農家の方々には牡蠣殻石灰は認知されてきました。しかし、農家の方以外は、広島の牡蠣殻は何に使われているかご存知の方はほとんどいません。
牡蠣殻の利用方法について、もっと多くの方に知ってもらいたいなと思っていたところ、見た目に面白く斬新なデザインのボタニカルふりカキの容器を提案していただき、これはたくさんの方に知っていただくチャンスと思い、NOZa-maru(ノザマル)の野崎さんと協業させていただきました。

立木さんのデザイナーとの関わり方

なぜデザイナー(野崎さん)に依頼しようと思われましたか?

第一印象はまじめな方という印象でした。
最初のプレゼンから、思いのこもったデザイン提案書を作っていただいき、本当に丁寧な仕事をしてもらえると思いました。

どのようにデザイナー(野崎さん)と知り合いましたか?

社長のお知り合いの方から、お話を繋げていただきました。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

自社だけでは出来ない、商品やサービス、ブランディングをしてもらうことで、不可能を可能に変える存在です。

野﨑 俊佑
NOZa-maru