「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
ヒロシマテラス
企業
河面 由紀恵
三菱商事株式会社
中国支社 総務・業務開発グループ
デザイナー
嵐川 真次
Storm Graphics
地元で頑張っているデザイナーに依頼したかった

三菱商事株式会社は、世界約90の国・地域に広がる拠点と約1,400の連結事業会社から構成されるグローバル・ネットワークと相互連携しながらビジネスを展開している総合商社です。国内6支社の一角を占める中国支社は、令和元年、47年ぶりにオフィスを移転し、中国地域で事業展開するグループ企業との協業・共創を促し、更に内と外を繋ぐ空間の意味を込め「ヒロシマテラス」という共有エリアを設けました。「広島から世界に向けビジネスを興す」という思いを形にしたいと考え、同エリアのサイン、ロゴのデザインをご依頼しました。当社の歴史、経営方針、広島の歴史、地域性をも活かしたご提案を頂き、完成したサイン、ロゴはシンボルとして、社内外からも大変高い評価を頂いております。

【依頼内容】
 サインデザイン/ロゴデザイン

河面さんの協業についての感想

なぜ「と、つくる」を利用しようと思われましたか?

企画段階から地域創生の活動として、地元で頑張っている若手デザイナーにご依頼し、活躍の場として頂きたいと考えていました。その活動の接点として中国経済産業局様にご紹介いただきました。

「と、つくる」を利用してみた感想は?

思い切って、扉をたたいて本当によかった。 企画から納品まで短期間での発注で、志だけは高く (笑)ダメ元でのご相談でしたが、親身に相談に乗って頂き、多くの的確なアドバイスも頂きました。

なぜ協業先としてStorm Graphicsさんを選ばれましたか?

当社らしさや広島らしさを余すことなく、ストーリー性をもってご提案頂き、また建築デザインをも手掛けているStorm Graphicsさんにお願いしました。初顔合わせ時点で、デザイナーの嵐川さんのお人柄に、担当者全員が一目惚れでした。

デザイナーと協業を検討している企業に一言

デザイナーと信頼関係を築くには、依頼者側がどれだけ多くの情報をお伝えできるかだと思います。空間の利用目的はもちろんのこと、会社の成り立ち、今後の経営方針等、一見デザインに関係ない情報が活かされていて感銘を受けました。

嵐川 真次
Storm Graphics