「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
35959su
企業
国木 昭宏
三国酢造株式会社 代表取締役
デザイナー
寺下 のぞみ
norio graphics
デザイナーとの協業で見えてきた、新たな購買層への意識

今回は新商品「割って飲む酢35959酢」を発売するにあたり、商品名を考えるところから、一緒に考えていただきました。
弊社にとっては既存の購買層とは違った若い女性をターゲットにした商品にしたかったので、可愛らしさを求めておりました。

国木さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

まずは商品の中身(味)を理解していただいた上で、消費者に伝えたい部分を押さえつつ自由に考えていただいております。

なぜデザイナー(寺下さん)に依頼しようと思われましたか?

寺下さんのデザインにはいつも宝箱を開ける時のようなワクワク感をいただいてきました。
今回も絶対に寺下さんにお願いしたいと思ってましたので。

どのようにデザイナー(寺下さん)と知り合いましたか?

最初はデザイナーとしての寺下さんとして知り合ったのではないのですが、少しずつ寺下さんのデザインに触れる機会が増えていきました。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

「ラベルだけをお願いします」とかじゃなく、私にとっては一から一緒に考えてくれる物づくりのパートナーですね。

寺下 のぞみ
norio graphics