「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
Feel
企業
菅原 礼美
月刊くれえばん 編集長
デザイナー
原田 大吾
KUROKO.
しっかりコンセプトを伝えたうえで、提案してもらいました

「フリーマガジン feel」新しく創刊した広島県のフリーマガジン。人を感じ、モノ、場所を感じる。がコンセプト。観光、旅、食に特化したフリーマガジンで、創刊号は「松山特集号」、No.2は「竹原、大崎上島特集号」。コンセプトをもとに、”感じる”をロゴで表現してもらいました。

菅原さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

自分が持っているしっかりとした、コンセプトやイメージをすりあわせすることが大切だと思います。それを、きちんと読み取った、デザインがあがってきます。+アルファ、より良いものをデザイナーからも提案してくれます。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

簡単にいうと、デザインができないから。デザイナーさんに頼むことで、きちんとしたものがあがってきますし、何をするにもデザイン要素は大事になってきます。とくに世に見せるものであればなおさら、デザインについてはデザイナーに任せるべきだと思っています。

どのようにデザイナー(原田さん)と知り合いましたか?

元職場仲間という繋がりもあったのと、ロゴデザインだけでなく、紙面レイアウトデザインもできるので、安心してお任せできました。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

自分が頭で想像しているものを、形にしてくれるプロ!だと思っています。言葉では簡単に言えるけど、それを2D化するのは、なかなか難しいです。そのためにデザイナー職というものが世の中に存在するんだと思います。

原田 大吾
KUROKO.