「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
オイスターキッチン
企業
柏迫 一正
有限会社マルイチ商店 専務取締役
デザイナー
橋爪 亮介
キズナデザイン
自社を理解するデザイナーが近くにいることは強み

オイスターキッチンでは、広島産牡蠣のオイル漬けを中心とした牡蠣加工品の商品群を取り扱っています。「オイスターバーで提供されるような牡蠣料理を、お家で気取らず食べられるような商品群を作りたい。」そういった要望を伝え、ロゴ作成、商品パッケージ、カタログやレシピブックの作成、ウェブ制作などをトータルで依頼を致しました。

柏迫さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

「当たり前である」と思うようなことも、デザイナーにしてみれば初見のこともあるので、伝える前に商品の特徴、地域の背景や、会社の考えを自分たちなりによく分析してみる。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

元々、地元商工会からの紹介で、POPやしおりなどの販促物の作成を依頼しておりました。長年のお付き合いの中で、弊社の背景や地域の特徴をよく理解して頂いていると思い、依頼しました。

どのようにデザイナー(橋爪さん)と知り合いましたか?

地元商工会からのご紹介です。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

食品において「デザインの力」は、大きな影響を持ちます。商品づくり一つが会社に大きなインパクトを与える場合があります。パッケージ一つにしても、真剣に取り組み、忌憚なく意見が言い合え、信頼のおけるデザイナーが近くにいることは、会社にとって大きな価値です。

橋爪 亮介
キズナデザイン