「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

石川 貴大
株式会社ネストハウス 常務取締役
目指すべき方向を共に探ってもらえた
頼もしい存在

iroherb(イロハーブ)は工務店敷地内にレストラン・インテリアショップ・イベントスペースなどを併設した複合商施設型の工務店です。住宅を中心に、暮らしのキーワード「医・食・住・遊・創」をコンセプトに、店舗やイベントを通して様々な「暮らしの一部」を提供しています。
對馬さんにはiroherbの立ち上げ段階から携わって頂きました。建物も存在しない状態からでしたので、デザイナーに何かを要望したというより、一緒に作り上げていった感じです。

石川さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

いろんな思いをはっきりデザイナーに伝えました。私もそうですが、對馬さんからも率直な意見をいただきました。また、じっくり時間をかけて話し合うことも大切だと思います。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

iroherbのVI(ビジュアルアイデンティティ)のデザイン依頼にあたっては、いろんなデザイナーを探しました。その中で、弊社のウェブサイトを制作を依頼していたこともあり、對馬さんにお会いしました。その際にお話ししたり、提案していただいたことが、イロハーブの雰囲気や目指しているものとピッタリ合っていたので、對馬さんにお願いしようと思いました。

どのようにデザイナー(對馬さん)と知り合いましたか?

私が入社する前から、弊社のウェブサイト制作をお願いしていました。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

僕たちの感性にはない発想で、人をワクワクさせる提案をしてくれる存在です。また、今までは見た目が格好良いものがデザインが良いって考えていましたが、実際には良いデザインには背景や物語がしっかりあって、それを作り出すのがデザイナーだと思っています。

對馬 由紀子
EDGE!