「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

高田 直人
Pele plants & flowers 代表
まだ形のない店舗に似合うデザインを

Pele Plants & Flowersでは生花やドライフラワーのアレンジメント、サボテンや多肉植物をはじめセレクトした観葉植物の販売などを行っています。2015年のお店のオープンに合わせて、ロゴやショップカード等のデザインを大井さんに依頼しました。
普通の花屋さんというよりは、観葉植物などのグリーンを多めに置いてワッと見応えのあるお店にしたいと思っていたので、まずはそのイメージを共有してもらいました。また、デザインがシンプルな感じであること、お店の周囲の環境にマッチするナチュラルなものであること、僕がサッカーが好きなのでお店の名前はペレにしたい、ということは要望として伝えました。

高田さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

あらかじめ自分でも参考となる資料、イメージ等を準備しておくとスムーズに進んでいくと思います。
あとは提示されたモノに対して曖昧な反応ではなく、自身の気持ちをはっきり答えるのが大事かなと。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

大井さんが今までデザインを手掛けられていた他の作品を見せてもらっていたのと、昔からよく知っていたので、大井さんなら間違いないと思い依頼しました。それと僕も大井さんも洋服や音楽が好きで、感覚的に近い部分があったので頼みやすかったのかもしれません。
しかし、もし大井さんがいなかったら、正直どこに頼んでいいか分からないですし、僕と全然違う感覚の方に頼んでいたら、僕が思っているようなものにならなったかと思います。

どのようにデザイナー(大井さん)と知り合いましたか?

同じ高校の同級生です。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

僕らはまずモノがあって、それを組み合わせてアレンジするんですが、デザイナーはゼロから自分のタッチで作り上げカタチにしていく、その能力は素晴らしいなと思います。ペレのロゴは大地から芽が生えていく姿を表現してもらってるんですが、想像以上にナチュラルかつシンプルにデザインしてくれて感謝してます。また、サッカーボールをモチーフにした六角形のショップカードも評判が良いです。

大井 健太郎
Listen