「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
百や(ももや) ロゴ制作
企業
百や(ももや)
田邊 静剛
デザイナー
納島 正弘
株式会社地域デザイン研究所
農業に精通しているデザイナーに出会えた

2018年4月より独立し有機栽培で野菜を育てています。
有機栽培で重要な点、「栽培の安定」「顧客の開拓」と大きく二つあり「顧客の開拓」という点でどのように他の野菜と差別化を図るか悩んでおりました。
例えば、野菜直売所で他社品と野菜を並べても見た目は一緒、でも栽培方法はまるっきり違う。そういった違う点を分かりやすくしたいと思い自社のロゴを制作しようと考えました。
その中で「と、つくる」を通じて地域デザイン研究所様を紹介して頂きました。地域デザイン研究所様では農業と密接に関係しており、様々な形で協業できるのではと思いロゴ制作をお願いしました。完成したロゴにはもちろん満足しており、今後色々なことを形にしていければと思っております。

【依頼内容】
 ロゴデザイン

【参考】
 百やインスタグラム https://www.instagram.com/momoya_hiroshima/

なぜ「と、つくる」を利用しようと思われましたか?

ロゴを制作する際、外注すべきか悩んでいたところインターネットで「と、つくる」のHPを拝見させて頂きました。正直デザイン会社と聞くと構えてしまうので「と、つくる」のような色々な情報を持っているところを経由してもいいのではと思い、ご連絡いたしました。

「と、つくる」を利用してみた感想は?

初回打ち合わせで自分に合っているのではというデザイナー何名か紹介して頂き、実際顔合わせの際も同行して頂いたので、構えることなくスムーズに進めることが出来ました。

なぜ協業先として地域デザイン研究所さんを選ばれましたか?

地域デザイン研究所様では農業に精通しており、また自社でもマルシェなど主催されているため、ロゴ制作だけに限らず色々な形で協業できるのではと思い選ばせて頂きました。

デザイナーとの協業を検討している企業に一言

ブランディングするにも自分一人の視点だけでなく、デザイン会社様の視点からも見て様々な形にしてブランディングしていく。これは協業していく中でとてもメリットがあると感じています。

納島 正弘
株式会社地域デザイン研究所