「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
攻めのデザインで
切り開いた歴史ある
お寺のグラフィック
事例 とうかさん圓隆寺
とうかさん圓隆寺
寺院
カズシ フジイ
グラフィックデザイン

INTERVIEW

広島の夏祭りといえば、とうかさん圓隆寺

とうかさんと言えば、広島の三大祭の一つ。夏の始まりに浴衣を着て出かけるお祭りで、とうかさんの祭事中は、圓隆寺さんを中心に広島の街に活気が溢れます。圓隆寺さんとの出会いは友人であるシンガーソングライターTOKIくんの紹介でした。彼が定期的に圓隆寺さんでライブをされていて、そのチラシを作ることになったのをきっかけに、副住職の中谷さんと1年近いやり取りをする中で、色々ご相談をしてくださる関係性ができたんです。そこから、ロゴデザイン、パンフレットの制作、御朱印帳のリニューアルという流れで仕事を任せていただきました。

パンフレットが減らない、現状の問題点を解決する

圓隆寺さんで当時使われていたパンフレットは、10年前に作られたデザインのままでした。というのも、作ったパンフレットを置いても持って帰ってもらえなかったから余っていたんですよね。副住職としては、みんなが見たくなるような気軽にとってもらえるデザインで、分かりやすく情報発信できるパンフレットにしたいと思われていたようです。また、お祭りとしてのとうかさんは有名ですが、お寺としての認知度が低いのをなんとかしたいという思いもお持ちでした。ちょうどお寺が400周年になるタイミングでもあったのでロゴを手始めに、パンフレットをリニューアルすることになりました。

お祭りであり、お寺でもあるからこそのロゴデザイン

正しいイメージで情報発信していくには、ロゴは重要な役割を果たします。お祭りのとうかさんは、ちょうちんのイメージが強いのですが、とうかさん自体はお寺でもある。ちょうちんをベースにしたロゴデザインでありながら、お寺ということを伝えるために、ロゴに屋根を付けることになったのは、住職からの要望でした。
パンフレットや御朱印帳などに入れるマークは、ロゴのイメージをベースにして、お寺に伝わる家紋や模様、守り神の竜の柄と、お祭りのマークやうちわ等を入れ込んで、華やかながらも伝統を感じられるデザインで表現しています。

目的は、お寺に対しての印象を変え、壁を取り払う

お寺って、普段自由に入ってもいい場所なんですよね。でも今の若者は、勝手にお寺に入っていいのか知らない方が多いのかもしれません。圓隆寺さんは、お祭りをはじめ、ライブや怪談話のイベントを開催されたりと、常に面白い取り組みを考えていらしゃいます。それは、広くいろんな方に来ていただきたいという思いがあるからこそ。普通、お寺のパンフレットと言えば、重厚な雰囲気の落ち着いたシックなデザインが多いところを、あえてお寺の堅苦しいイメージを取り払って、若者も興味を持ってくれるようなポップな色合いを使った華やかなデザインを心掛けました。パンフレットの反響は好評で、以前は全然とってもらえなかったのに今は出したらすぐになくなるそう。お寺に来られる方も増えているようです。また、パンフレットの次に作ったオリジナルの御朱印帳もすぐに売り切れると聞いています。

心のハードルを下げ、入口をつくる役割

実はパンフレットの前に、作品としてとうかさんのポスターを作ったことがあるんです。ちょうどとうかさんの準備をされている期間で、ちょうちんがきれいに並んで光っている風景の中で、ヘアメイク、着付けの先生、モデルさんと僕のチームで、スタイリングして撮影しました。出来上がったポスターはとうかさんのお祭りに掲示していただき、良い宣伝になりました。こういうポップな感じのデザインを見て、お寺に行ってみようと思われる方が増えたらいいなと思います。圓隆寺の中には伝統的なものや、きらびやかな作りのものもあるので、観られた方は年齢関係なく感動すると思います。僕はその入り口を作らせてもらったのかなと思います。

デザイナーとして、アーティストとして

僕は「カズシ フジイ」としてフリーランスで活動しています。企業のロゴデザインやグラフィックデザインなどを手掛けるデザイナーとしての活動を軸に、現在はコラージュアーティストとしての作品作りにも力を入れています。コラージュとは、いろんな素材を集めて組み合わせる手法で、インパクトのあるビジュアルで情報を伝えたり、世界観を深める際のキービジュアル作成などで、企業さんの案件でご依頼をいただくこともあります。また、デザインコンテスト等への応募活動も積極的にしており、近年はAdobeさん主催のコンペで最優秀賞をいただいたことも。そういった作品の発信を普段からSNSで行っているので、SNS経由で仕事の依頼をいただくことが増えてきています。

攻めのデザインで、広島から発信する

僕は生まれも育ちも広島ですが、今は広島からでも全国を相手に仕事ができる良い時代。僕から見て、広島は平均的に守りに入ったデザインが多いような気がします。僕は印象の強いものは注目して見てもらいやすいと思っています。伝えることは大事ですが、伝えるだけのデザインだと、よく見るいつものチラシだなとスルーされることが多いですよね。今回のとうかさんに関しても、お寺なのにかわいらしい色使いのパンフレットはこれまでになかった、でもやってみたら評判が良かった。攻めのデザインで新しい印象を与えることで、新しい顧客を呼び込むのも一つのやり方だと思います。今後も、自分にしかできない攻めのデザインで、見せ方の可能性を追求していきたいと思います。

中谷 康韻
とうかさん圓隆寺 副住職
カズシ フジイ

ロゴ、名刺、チラシ、ポスター等、起業に必要なデザインから、現状を変えるデザインまで広くご提供。
コラージュアーティストとして心に刺さるビジュアルの制作も承ります。

広島市
WEB
https://kazushi-design.amebaownd.com/
従業員数
1名
創業
2020年
カズシ フジイ
デザイナー

カズシ フジイのその他のお仕事

とうかさんイメージポスター
ディレクション/撮影/ロゴ/コピー/デザイン
92フライヤー
イラスト/デザイン
えんとつ町の学園祭フライヤー
コラージュビジュアル/デザイン