「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
オーナーの
人柄を表現した
親しみやすいデザイン
事例 こいのみつ・くれのみつ
ハニー・プラス
養蜂業
ロバ企画室
グラフィックデザイン

INTERVIEW

ゼロからのスタートではじめた、ロゴ制作

ハニープラスの島さんとは、広島県主催の女性向け創業塾で出会いました。島さんは創業間もなくて、今から事業を始めるという段階で、私はデザインのいろはを教える講師として参加していて。その時の講義内容で、会社を作るにあたって、ロゴが一番大切というお話をしていたんです。会社の顔になるものですし、最初自分で適当なものを作ってしまうと、後から変えるのが大変になるので、最初に納得のできるロゴを作って始めるのがいいとお話ししました。そうしたら、創業塾のあと、養蜂業を始めるのでロゴとハチミツをいれるパッケージを作りたいと相談に来てくださいました。ハニープラスという名前は、島さんの方で決めてこられました。
これからスタートされるという事で、最初はまだ商品がなかったですし、まだハチミツも採れていませんでした。島さんはデザイナーに仕事を依頼するのは初めてという事でしたので、まずはをロゴ作るのにかかる時間と経験値を踏まえてお見積りを出して説明してから、正式にお仕事をさせていただく事になりました。

魅力的な商品とクライアントのキャラクターを生かすデザイン

打ち合わせの時に、島さんがたくさんの資料とデザイン関係の本を持ってこられて、好きなテイストのページにたくさん付箋をつけてくれていたんです。それで島さんの好きなものを伝えてくれたんですよね。その時点で島さん自体がどうありたいかの方向性は、頭の中では分かっているということですね。また、商品ができたら置く場所も大切。島さんにどういうところに商品を置きたいのかを伺ったら「雑貨屋さんに置けるようなシンプルでカワイイものにしたい!」と言われていたのも参考にしました。

あとはなんといっても、島さん自身のキャラクター自体が特徴的なんです。超元気で、パワフル!一緒にいると周りも楽しくなってしまうようなパワーの持ち主で。そんな島さんがパッケージを見るたびに楽しくなるようなもの、彼女自身のお気に入りになってくれたらいいなと思って島さんのキャラクターと置く場所を考えながら何案かハチの女の子がポーズをとっているイラストを描いてご提案しましたね。ロゴができてから、パッケージ、ウェブと展開していきました。

シンプルでかわいいパッケージ、そして応用

ハチミツをいれるパッケージですが、最初はまっすぐの寸胴タイプの瓶3種類で展開していく方向でデザインしていました。途中、島さんがまっすぐでははない形の瓶を探してこられて後から変えた商品もありますね(笑)。島さんは考えるのが好きな方なので、そのあたりはかっちりしすぎず、島さんが楽しいんだったらいいよ、という感じで応用して使っていますね。
島さんのハチミツ、すっごく美味しいんです!ハチミツのパッケージは初めてでしたが、食べてみて、自信を持ってお勧めできる用品なので、自分自身も自信を持ってデザインができました。商品として発売してから、道の駅や飲食店など、いろんなところに広がっていっています。

仲の良い、同志のようないい関係

島さんとはとてもいい関係ができていると思います。お互い遠慮せずに自分の思っていることを言い合える関係ですね。とはいえ、こちらが提案したパッケージやリーフレットデザインなど、出したもの全部がOKなのではなくて、もうちょっとこうしてほしいとか、こんな感じに直してほしいとかちゃんと言ってもらっています。そういうコミュニケーションの中で、良いものが生まれてきますね。今では仲の良い同志のような関係になっちゃいました(笑)。
現在も、お仕事は継続していて、これまで島さんが手作りされていた値段表や、これからはじめたい季刊誌みたいなものが進行中です。ロゴ提案時に使ったハチの女の子のシールのようなグッズも展開しています。

クライアントのテンションを上げるという役割のデザイン

今回私がさせてもらったお仕事って、デザインというと一言なのですが、違う表現で例えると「島さんのテンションを上げる役割」だったと言えるかなと思います。島さんはデザインで商品をどうにかしてって言うタイプじゃなくて、彼女自身がその100倍位動いている方。でも、このデザインがあるからこそ、彼女は商品に自信を持って売って歩いています。もちろん中身のハチミツ自体が美味しいことは当然ですが、デザインが残念だといまいち自信が持てませんよね。このパッケージが、販売するための力になっていると思います。デザインの力で島さんのテンションをあげて、元気な島さんをもっと元気にしてしまいましたね(笑)。

想いを共有して、一緒に走れるパートナーに

私自身、デザインの仕事はハンドメイドでやっていたころから数えると15年以上。温かみのある、かわいらしい、手作り感のあるイラストやデザインが得意なので、お客様の大半は女性です。パン屋さん、プリン屋さん、カフェなど飲食関係のお仕事が多いです。一つ実績をつくると、そこからの紹介や、ホームページを探して来られる方もおられるのでありがたいですね。
今後は、これまでデザイナーと仕事したことがない、というような方とも一緒にお仕事をしてみたいと思っています。現在進行中のお仕事も、ある施設で作っている商品のパッケージなのですが、そのパッケージを作ることで、利用者さんや職員さんの意識が高まったり、利益につながったりできると考えていて。そんな事例を作っていきたいです。デザイナーは、クライアントの想いを一緒に共有して、一緒に走るパートナーになれる存在だと思います。これからもいろんな方と出会ってお仕事できたらと思っています。

ロバ企画室

「デザインで たのしく あったかく」をモットーに、ロゴ・名刺・パンフレット・HPデザインから写真撮影までトータルで手がけるデザイン事務所です。

広島市中区舟入幸町20-20-3
TEL
050-8200-1049
050-8200-1049
WEB
https://robakikaku.com/
従業員数
3名
創業
2015年
西川 晶子
デザイナー

ロバ企画室のその他のお仕事

カフェインレスコーヒーのドリップバッグ
パッケージデザイン
ふもとや
ロゴデザイン
はとこ食堂
ショップカードデザイン