「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

手描きで、
温かみのある
ケーキのパッケージ
事例 カスターニャ3種類のパウンドケーキ
有限会社カスターニャ
菓子製造及び販売
株式会社ハンディ・ダンディ
グラフィックデザイン

INTERVIEW

経営者のお父様の思いと、息子さんの思い

カスターニャさんとの出会いは、2015年秋頃に主力商品「カタラーナ」のブラッシュアップの依頼からです。
カスターニャさんはもともとチーズケーキなどの洋菓子やドレッシングを作られていたのですが、新しく洋菓子部門を立ち上げるというお話の際に、まずはロゴを作ろうとご提案いたしました。
当時、お父様が描かれた手描きのロゴを、常務の息子さんは、もう少しお洒落にしたいという思いがあったんですね。私から見て、お父様と息子さんは、とてもいい関係にあるなあと思っていて、それを表現するのに、お父様の手描きの「C」という文字を新しい「C」の文字の後ろに影のように配置することで、お父様が後ろでちゃんと支えていてくれるという意味のデザインのロゴをご提案したら、すごく喜ばれましたね。私たちもすごく嬉しかったです。

お店にあったタッチのイラストを描きわける

新しい洋菓子部門のパウンドケーキには味が3種類あり、それぞれ使っている食材が違うので、商品を陳列した時にその違いがパッと分かるようなパッケージデザインを考えていらっしゃいました。
また、カスターニャさんの商品は色んな店舗で販売されますので、パッケージが文字だけだとお客様に伝わりにくい、箱を見てすぐに中身が想像できるようなものにした方が良いとも考えられていました。
そこで、弊社では得意としている手描きで、精密すぎないタッチのわかりやすいイラストを入れて、一目でどんな味なのか伝わるパッケージに仕上げました。
仕事柄色んな絵を描くのですが、お店にあったタッチでイラストを描きわけるようにしています。

「雑談」がお客様の求めているものを知るきっかけ

デザインの好みは千差万別だと思うのですが、お客様がどんなものを求められているか、どういう感じが好きなのかは、雑談している時に聞いていることが多いです。お話しながら、どんな色が好きとか、どんな食事や音楽が好きなのかを知る。お休みの日に、話で聞いたお店に行って、自分が買い物客になってお客様の気持ちを考えたりもします。実際に自分の目で見たり聞いたりすることで、自分たちもご提案しやすくなりますね。
例えば、洋菓子店のオーナーさんにお話しているのは、いつも厨房の中にいるだけではお店の雰囲気が分かりにくいということ。スタッフ入口からではなくて、お客様とおなじ入口からお店に入ってお客様目線でみると、色あせたプライスカードなど、気づくことがあります。その日来店された時が全てですから、何事も自分の目で見ることが大切だと思っています。販売促進も大事ですが、まずはお客様に来ていただきたいという気持ちが表れているようなお店にしていくことが一番大事ですね。

ひとつの企業と長く向き合う

私たちのお客様には洋菓子店やレストランが多いのですが、ブランディングは商品やお店のイメージを作り上げていくので、最低でも1年、希望としては3年はお付き合いさせていただければと思っています。理想のお店にするにはどういったことを積み重ねていったらいいかを一緒に考えながら、お店の1年間スケジュールをオーナーと相談しながら決めていきます。安売りして売り上げを伸ばすのではなく、一緒に考えた企画をお客様に楽しんでいただいて、その結果が売り上げとして目に見える形になればいいと思っています。
美味しいモノを作るためにはどうしても時間がかかってしまいます。そのため、消費者の方への演出面を私たちが手助けすることで安心していただいています。

これまでの30年の実績をつないでいくスタッフと共に

ハンディ・ダンディは私が独立して始めてから30年、今のスタッフが来てくれて10年になります。最初の頃はまさかイラストがお客様の要望として受け入れられると思っていなかったので、写真がメインでした。ある時期から手描きのロゴマークに人気が集まり、それに伴なうイラストを沢山ご依頼いただきました。色々な画材を使って描いて提案していると、温かみがあっていい、という評判が全国のお菓子屋さんに広がったんです。私たちがやっていたことが認められて、ハンディ・ダンディのスタッフの伝統になりました。Macのおかげでディスプレイ上でイラストも描ける時代になったけど、今も手書きで描くものもあります。親しいカメラマンがとても美味しそうな写真を提供してくれてますので負けれません。これからはスタッフの彼女たちに、メインで頑張っていってもらいたいと思っています。handy dandy credo「仕事も、人生も、楽しく」

竹村 崇
有限会社カスターニャ 常務取締役
株式会社ハンディ・ダンディ

飲食関係その他業種の印刷物に関するデザイン及びプランニング。
クライアントからのストーリーに説得力のあるデザインを。
「そうそう!」「あるある!」と共感できるものを一緒に作ってゆきたいです。

広島県広島市中区八丁堀4-7
TEL
082-227-6979
082-227-6979
FAX
082-227-2239
従業員数
3名
創業
1988年
山本 和明
代表取締役
藤村 亜希
デザイナー
藤原 万央
デザイナー

株式会社ハンディ・ダンディのその他のお仕事

洋菓子店 年間PRツール「TIMES」
グラフィックデザイン
カタラーナ
パッケージデザイン
またきて四角
パッケージデザイン
サポート窓口へ ※相談は無料です。