「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
事例
世羅PRムービー
企業
宮川 哲二
世羅高原6次産業ネットワーク
デザイナー
山口 聖巴
iDS Studio
何が必要かを判断して、生み出せる映像作家

世羅町は、広島県のほぼ中央に位置し、「花」と「フルーツ」、「駅伝」のまちとして農業や観光を中心に地域活性化に力を入れています。世羅の魅力ある四季折々の「自然」や美しい花畑、フルーツのみならずお米や野菜を中心とした「食」、「人の魅力を知っていただく農泊(グリーンつーりずうむ)」の取組みを進めています。特に農業については、6次産業化に取り組み、個々の経営体ではなくそれらを全町でネットワーク化することで地域振興を図っています。
デザイナーに対する要望としては、動画を見て世羅町とはどんなところか、国内外の方にコンパクトにまとめて理解して頂けるよう短い時間でそれでいて世羅町の魅力を瞬時に伝えれるような内容としてほしいというのが要望です。

宮川さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

デザイナーに思いを伝えるには、やはり世羅を十分理解していただき、そのうえでどのようなものを製作するか議論をしながら製作することが重要であると思います。そのためにはいま世羅の何を皆様に伝えたいのか、自分の中で整理しておく必要があると思います。そうすることによって「世羅の四季」を簡潔に伝えることができると思います。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

世羅高原6次産業ネットワークでは、農林中金のみらい基金の補助金を活用することにより、3つの大きな事業に取り組んでまいりました。①情報化の推進②世羅の特産品の開発③農家民宿の拡充、その中で情報発信の大きな事業として、世羅のDVDの製作がありました。誰もが見て分かりやすいDVDということでデザイナーに依頼しました。

どのようにデザイナー(山口さん)と知り合いましたか?

情報化推進の担当スタッフが山口さんと知り合いということでした。最初に依頼した動画は、四季を通じたDVDで時間的に少し長くできており、短時間で理解できるDVDの方が、多くの方に見ていただけるということから、農林水産省の補助金、農泊推進事業により当初のDVDを中心にオール世羅ということで短時間の物として製作しました。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

山口さんはやはり世羅のことを十分理解して頂き、何が世羅にとって旬なものか、何を情報発信すべきかを理解して頂いているので、お任せできる存在であると思います。

山口 聖巴
iDS Studio