「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

島 友香
ハニー・プラス 代表
親しみやすく変えてくれる、
魔法使いのような存在

広島育ちの『非加熱・無添加はちみつ』、ミツバチちゃんグッズを生産販売。
単に食品とだけ捉えると、少しお高いイメージのある国産はちみつですが、美味しくて健康にも良くて、ミツバチの生態も面白く可愛くて、体験やハンドメイドの素材も多岐。『生活をちょっと楽しくするもの』として、はちみつ・蜜蠟・活動をデザインすることで、ミツバチハニーちゃん達自体を好きになってくれる人を増やしていきたい。もうちょい儲かったらラインスタンプ、そのうち絶対作りましょう~!

島さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

こんなものがつくりたい!というざっくりしたイメージを持って直接会って話して打ち合わせをしております。フランクな会話の中で新しいアイデアや企画が出たりすることも多数。ロゴキャラクターの候補が採用案以外のもあまりに可愛くて、シールを作ったりHPやパンフに登場したりとレギュラーキャラになったりしました。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

従来の蜂蜜市場は①安価・大量生産②デパート高級品③道の駅販売の素人ラベル、の3局に分かれ、カジュアル路線が無かった。雑貨屋やカフェに並べられるような、同年代の子育て世代に手に取ってもらえるような、かわいくてちょっと遊び心あるパッケージやHPを作りたかったから。

どのようにデザイナー(西川さん)と知り合いましたか?

創業サポートセンター主催、女性向け創業支援講座「いろは塾」にて名刺デザインの講師が西川さんでした。同じように起業された低糖プリン「ラフラフ」さんのパッケージデザイン事例も見ていて、ひとめぼれ&直依頼さしてもらいました。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

大切に作った商品や事業を通じて伝えたいメッセージを、デザイン化→キャラクター化(命を吹き込む)することで親しみやすく伝わりやすいものに変えてくれる、シンデレラにでてくる魔法使いのような、助けになるありがたい存在。

西川 晶子
ロバ企画室