「ともに、つくる」を大切に、企業の前進をお手伝い
ひろしまのデザイナーと企業をつなぐ相談窓口

082-242-4170
企業
新原 純平
株式会社サンポークリエイト 代表取締役
デザイナー
北林 誠
MATO JAPAN
地方をもっと誇らしく、住みやすく。変えていけるのは「デザイン」の力。

サンポークリエイトでは、Ane Mone(アネモネ)やSIENA(シエナ)など、アクセサリー/ジュエリーブランドを全国展開しております。考え方が変わり最近では、地元広島を活動の拠点に戻すことに面白さを感じています。そんな時に北林さんに出会い、企業や製品のブランドイメージを、より洗練されたものに仕上げてもらっています。そして、新しい展開として「豊かな人生を提案する」ワークショップスタジオDate..(デイト)の初期からの相談やサイン計画、ブランディングにも携わっていただいております。

新原さんのデザイナーとの関わり方

デザイナーに思いを伝えるには?

いろいろ依頼をして、提案してくださるものは、外から見ていただいているだけに新鮮なものが出てきます。でも社内でイメージしていたものとは違うものなので、そこから何回も何回もかなりの時間やり取りしていって、ようやく、じゃあこうしましょうという方向性が定まってきます。そうすると、お互い一緒にやっているという感覚になるんです。

なぜデザイナーに依頼しようと思われましたか?

うちの会社は基本的に外部に頼まない会社でした。素人なりにポップやポスターなどのデザインも接客とかも、ずーっと自分たちだけでやってきました。でもこの2,3年、ここから先会社が次のフェーズに入って行こうと思ったら、プロの力を借りなければ無理だろうという感じがしていて、それでプロの方に頼むことにしました。やっぱり自分たちよりぜんぜん高いレベルのものを提案してくださるので、なるほどと思います。

どのようにデザイナー(北林さん)と知り合いましたか?

知り合いのカメラマンの方を通じてご紹介いただきました。
ちょうど、デザイン関係を東京のプレスオフィスではなく広島でやりたいと思っていて、広島のデザイナー業者さんをネット上で探したりしていました。たまたま紹介された北林さんの作品を見させていただいて、すごくセンスがあって一番いいなと思ったのでお願いしました。タイミングが良かったし、自分のセンスにあった方でした。

あなたにとってデザイナーはどういう存在ですか?

今までデザイナーさんにはカタログとか単発で頼んでいたんですが、今は年契約でお願いしていて、常に話し合って作っていくという感じになっています。いろいろなことをやっていく中で、こうしていこう、ああしていこうと自分たちで試行錯誤してやってきたものを、ずーっと聞いてもらって、それを整理してもらっているようなイメージです。自分たちにない部分や、分からなくなっている部分を聞いてくれて、それをかみ砕いて、こういうことじゃないですかと言ってもらって、なるほどそういう見方があったんだと新鮮に感じます。

北林 誠
MATO JAPAN